読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女城主 直虎(19回・罪と罰)

大河ドラマは観ないことにしている。

 

1年間観続けるのは体力がいるし、

記憶力がないと、登場人物も多かったりで、

うっかり大事なことを忘れてしまうほど。

 

昨夜、時間が空いていたので、

我が家で録画していた直虎を初めて観た。

 

「しくじった、、、!!観ておけば良かった!!」

と心の底からくやしがりました。

 

政次の高橋一生さんがちょいちょい暗躍して

いろんな人が死んでいくっていう勝手なイメージでしたが

(どうやら、全然違うみたい・笑)

 

どうやら身分ゆえの暗躍で 

井伊家のため、(愛しい?)直虎のために

働いている、報われない人間なんだな。。とちょっと苦しい気持ちになりました。

 

今回しか観てないけどね。。きっとそんな感じ!(笑)

 

先週(18回あるいは裏切りという名の鶴)のときは

政次の苦しい本意がわかるという

なんともときめきがぱねぇ回だったようで、、観たかったな!

 

キャンキャン直虎に吠える中野を演じる矢本悠馬さんも俳優として好きだし、

小林薫さんや、、市原隼人さん、、柳楽優弥さん、、その他大勢の俳優陣

 

なんで観る体力がない、、とか思ってたんだろう 。

もったいないことしたな。。

 

・・・政次が死ぬときまで観ようかなーと考え中。

・・・ミーハーなだけですね。。