読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GWも終わって

GWはほぼ家から出ずに

ラジオ聞きながら、本読みながら、寝る。

というインドアな休日を過ごしていた。

 

日中に何度も何度も寝ていたので、

さすがに夜は眠れないだろうな、、と覚悟していたのだけれど

 

寝れる。

夢を観ないくらい熟睡。

 

本日は天気がよろしくなく

本を読みながら、寝る。

 

最近は一貫して

時間があれば本を読んでいる。

 

・・・先月買った本がまだ読み終わらないからだ。

 

読解力が非常に乏しいので読むのが遅いし、

哲学、歴史背景や宗教に対して無学のため、なかなか内容が頭に入ってこない。

 

一応先ほど読み終わったけれども、

本当に理解しているか甚だ疑問です。

また時間が経ったら読まないといけない。

 

しかし、社会人にそんなにべったり本と向き合う時間がなく

悔しい。

 

 

本を読みきっかけはほんとうに遅く、学生最後の2年間だった。

就職活動でやむなく読み始めただけ。

それまではなんとなく主にマンガやファッション雑誌を読んでいただけ。

学校で国語の授業に限り小説などの活字に触れていただけだった。

 

就職活動で、本を読む習慣をくれたのは

藤沢周平の作品。

なんどもなんども同じ本を読んだ。

蝉しぐれ

 

この本からすべてが始まった。といっても過言で、、、はちょっとあるけど(笑)

 

それから社会人になってちょこちょこ気になった小説は買うようになり

 

いまではなくてはならないものになった。

 

読書は勉強だから嫌いだった。

読書は親からの押し付けで読まされていたから嫌いだった。

ちなみにクリスマスプレゼントは書籍だった。

そりゃ嫌いになるよね★

 

読書に自発的要素が皆無だった。

 

就職活動は一応自発的に決めたわけだし。

読む本も自発的に決めた。

そして面白かった。

 

でもまー今更しょうがないので、読み続けるしかない。