読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴族探偵(2話)

ギリが仲間由紀恵さんだというので

ギリがしゃべるたびに耳を澄ませて聞いてました。

 

贅沢な使い方ですね。。!

 

・・。

今回面白かったことはメイドの田中さんが

ポップカルチャーへの愛が深くて、

いちいちテンション高くて、ヲタにしか見えなくて笑えました。

ただし美人ですけどね。

ミヤネ屋のようなボードもよかった★

 

局をまたいで、ドラマ名を台詞として使うのは

ドラマファンとしては嬉しいものです。

 

執事の山本の女装も面白かったし。

ところどころ本当にツッコミ楽しい内容だと思います。

 

でも、なんか全体的に次回も観たいと思わせるような力を感じない。

力っていうあいまいな表現はよくないと思うのですが。

 

簡単に言うと面白くないのかな?

世界観も特別好きではない、、というか。

推理する場所も今のところ家の中と庭だけで、

風景にそんな動きがないし、人物以外に変化を楽しめるシーンが少ない。

つっこんで下さい!!押しも激しい。

同じ貴族(名家?)でミステリーの、織田裕二さん主演のIQ246の方が好きでした。

 

私の半径5メートル以内の友人たちは

あの織田さんのしゃべりかたがどうしても慣れなくて、、

とブーブー不満をいてましたが、

意外とすぐ慣れた私は楽しく拝見いたしました。

 

いろんなところで沙羅駆が庶民離れした行動をするので

その化学反応も面白かった。

 

今回は貴族探偵たちとその仲間たちと、犯人&犯人扱いされる人たち以外は

全く出てこないので。

 

来週も観ようか迷い中。