読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館戦争-THE LAST MISSION-

深夜に放送されていたので観賞。

 

おそらく、、数年前に(もっと最近かも)

図書館戦争の1作目もドラマもテレビで放送されていた時に観てはいたが

内容をちゃんと覚えているか不安。。と思っていたが、

難しい背景や登場人物が大きく変わってなかったので、

違和感なく観れた。

 

どの人物もちゃんとキャラ立ちしていて、

ラブ要素も、スポ根要素も、ちゃんとある

商業用映画にふさわしい内容だった。

 

・・そもそも芸術性のある映画自体観ないけど。

 

主人公の笠原、上官の堂上

榮倉奈々さん、岡田准一さんが

本当に違和感なくぴったりで、

嫌味なくさわやかで、眩しすぎた(笑)

 

個人的に好きな俳優さんもちょこちょこいたので

あまり考えすぎることもなく楽しく観れます。

深夜で放送しているのを観るくらいがちょうどいいのかなと!

 

・・は!

脚本はTBS御用達(たまたま私が観ているのがTBSが多いだけ)の

野木亜紀子さんだったのを今知りました。

だから、、内容がこんなに好きな感じなんだな・・。

 

映画の監督までは気にする事はあったけど、

脚本家は全然気にしたことがなかった。

これから邦画は特に注意して行こうと思う。