読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルテット(9話)とWBC(イスラエル戦)

録画していたカルテットを観たあと、

WBCをテレビで観戦した。

 

すごく疲れた。。(笑)

 

カルテットの真紀さんが嘘をついていた。

 

嘘をついていたことが重要なんじゃない。

真紀さん自身がカルテットのメンバーを大切にしていたか、

カルテットメンバーに自分を信じてもらいたいかが重要なんだと。

 

すずめちゃんは言って真紀さんを諭し、

家森さんと別府さんは何も言わず行動で諭しました。

 

今回の名言は

私たちはドーナツホールです。穴が空いています。不完全だからいい、だから好きだ。

別府さんより

はげどう。ですね。

(台詞はぴったり同じじゃありません、あしからず)

 

最後は真紀さんは警察の人と車で富山へ

残された他の三人はとりあえず別荘に帰り夕食。 

 

カルテットは食事のシーンとか洗濯するシーンとか

なにげない描写がとても多い。

でも、なにげない生活の1シーン1シーンがどれだけ大切なものか

視聴者の私たちは知ってはいる。

だから切羽詰った状況でも“生活”というものを丁寧に、丁寧にしなきゃいけないんだと

普段、何も考えずに生きている私たちに思い知らされる。

なにげない暮らしをおざなりにしてないか、問われている。

 

 

WBC、チャンスをものにできずしばらくもやもや。

その後大量得点とっても

9回表で牧田選手が苦戦しているのには本当にドキドキ。

安心してWBCを観たい。

無茶なお願いだけれども、

安心してWBCを観たい。