読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキングフルーツ

養老孟司さんがゲストの回にて

一番心に刺さったのは

「除夜の鐘はうるさいって発言するのはいいんだけれども、その一部の人だけの意見で取り止めてしまうような対応はいかがなものか」

といったようなものだった。

 

私もちょっとわかる。

 

テレビではドラマがクレームによって内容が変わうことが悲しかった。

これを観た視聴者がいじめを助長するだとか

説明が出来ないようなことを放送するなだとか

 

おかしいな。

ドラマって虚構ですよ。

ありえない世界なんですよ。

ドラマでやっていたことを

現実世界でやろうとするのは本人の倫理観の問題じゃないのか?

幼い子供にまだ良いことと悪いことなんてわからないし、、というのなら

テレビの電源消せばいいのでは?番組を変えたらいいのでは?

 

そもそもテレビは観たくなければ、見せたくなければ

スイッチ一つで消せるんですよ。

 

それは私にとっては謎のクレームです。

 

 

 

テレビで言ってることは嘘だからね

というのは一つの真理

 

民放のテレビはいろんなところからお金もらって

お金をもらいつづけるために、都合の悪いことは言わないし。

公共放送だって、自社に不利益なことは言わないでしょう。

 

・・・新聞も雑誌もそう。都合のいいことしか言わない。

だから何を信じるのか、何を信じたいのか自分で責任持って

見て、考えて行動しないといけない。

 

と、自重させていただきます。