読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明けの街で

東野圭吾さん原作、夜明けの街で、を今更ながら読む。

 

不倫×女

 

この二つだけで本当に怖いものでした。

 

主人公の40歳手前の渡部さんには最初のうちは

見ているこちらも同情してしまうことが多かったけど。

(恋に落ちてしまうまでは)

奥様の有美子が不倫について気づいていないと思っている、、というのは

ちょっとうっかりしすぎかなーと感じた。

 

最後の最後でやっと奥様が知っていたことに気づいたけれども。

 

でも、うっかりしてしまったのには 多分、、無意識なのかもしれないけど、

人は自分が信じたいものしか信じない、っていう心理があって、

渡部さんは奥様の少し不思議な行動を見てはいたのに、

普段どおりだ、大丈夫。

と 無意識に(都合良く)思い込んで、結果気づかなかったんじゃないかなーと。

 

あと、

渡部さんの友人の新谷さんが言うように、

女は打算的な生き物。ということがよくわかる小説でした。

 

女(特に専業主婦の場合)は不倫されたからといって、嫌いだ!すぐ離婚、、というストーリーは

現実世界でもそうそうないとおもう。

いろんなこと我慢して生活を続けてきた。

それから、生活(経済的に)はどうなるのか?

子供の教育はどうしていくのか?

親兄弟、会社、近所の人にどう伝えていくのか?

 

現実的に考えたら、難しい。

 

あと、秋葉は付き合い始めた当初は

謎めいていて、都合の良い、余裕のある女を演じていた。

渡部さんはそういう自分の生活を脅かさない、

年下の女性を可愛らしく思い、好んでいた。

(渡部さんは都合がいいことを好んでいるのを気付いていない。むしろ純愛だと思っている。)

 

でも中~終盤からは

秋葉は少し強引になっていく。

それも多少は演技なのかもしれないが、(おそらく演技半分、本当半分)

そこに渡部さんは戸惑いを感じていた。

もちろん秋葉が殺人犯かもしれない、、という一抹の不安を持ってるからなんだけど。

その他に、この女、普通の女と同じくらい面倒だな。。くらい思っていたのでは?

と、深読みしてしまった。

そういう描写はなかったと思うけど。。

 

不倫に悩んでいる方(男性)はぜひ一度!

読んでみて損はないと思います。