読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして、最後のコンサート(仮)

前述した彼らのコンサートに参戦する。

 

曲を予習する熱はないのだが、参戦する。

昔のコール&レスポンスは覚えているが、熱はない(しつこい)

 

うかつにも前日の夜は寝つきが悪かった。

・・・最後だと思うと、頭では納得してても、メンタルは複雑のようだ。

 

ただ、仕事がギリギリまであるので、間に合うか心配だ。

 

・・・結果、間に合った。 

よかった。

 

席自体はコンサートのセットがほとんど見えない、残念な場所ではあったが、

彼らは何度か表情が見えるくらい近くに来ていたので、

それはそれでよし!

 

予習していなかったので、もちろんわからない曲はたくさんあったのだが、

メドレーで昔懐かしい曲目が多く、十分に楽しめた。

 

翌日の朝に気づいたのだが、

顔の表情筋が柔らかい。

 

思い出した。

コンサートの翌日は柔らかいことを。

コンサート中はずっと笑顔なのだ。

 

昔は電車内でもコンサート帰りにはにやにやしていて、

窓に反射して映った自分に気づいて恥ずかしがったものだ。

 

今回は電車で不審な行動していなかっただろうか。

 

熱はないと言ったけれども、

十分に元気がもらえたのだ。

 

よく知らない曲目を聞いて

わ~素敵な曲!知りたい!とかはなかったんだけど。。

 

・・・・ファンとはいえなそうけど、好きは継続中。