読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和歌謡曲について

好きだ。

昭和歌謡曲が好きだ。

 

今日はぴったんこカン・カン森昌子と岩崎姉妹が出ていた。

森昌子は本当に歌唱力が高かったし、

(過去形で申し訳ありません。昔だけは秀でていた、今は下手という意味ではございません。今は、いまなりに上手いという意味です。。それも見方によっては失礼ですが、、あくまでも一個人意見です。お許しください)

岩崎宏美は今も上手。(妹さんの良美さんも)

まぁ歌唱力は置いておいて。

 

デビュー曲をそれぞれの紹介の冒頭に流していたが、

いつ聴いても本当に感動する。

 

当時歌手としてはまだ未熟なのかもしれないけれど感動する。

稚拙な表現だけれどもぐっと来る!

 

発表されたその時代に生きていたわけではないのだけれど、、なぜだろうか。。

昭和歌謡曲が好きなのは、、学生時代からそうだった。

 

生まれる前の楽曲が好きというのはどういうことなのだろうか?

 

学校で学ぶクラシック音楽は基本昔すぎるけど。(まぁきらいじゃないけど)

 

楽曲がいいものは、どの時代で聞いても

良いもの、ということなのだろうか?

 

それにしても、私自身の好きな曲は昭和歌謡曲に限定されすぎる。