読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべくり007(ゲスト:梅沢富美男/ウエンツ瑛士)

安定の面白さです。

 

SMAP×SMAPもやっている頃

初めは、土曜の17時台だったと思うのだけれど(うろ覚え)

MCもその時々で7人でやっていた記憶がある。

そのときから7人は自由に動き回って

ゲストも即興コントに参加させて楽しんでいた(仕事だけど)

 

いまだに印象に残っているのは

浅香光代さんの回です。

浅香さんに対する傍若無人な振る舞い(しゃべくりメンバーが)ものすごく面白かった記憶あります。

 

今週の月曜は梅沢さんとウエンツさん

梅沢さんは歯に衣着せぬ物言いでバラエティ、情報番組で引っ張りだこ。

本音で話すから、番組に迷惑かかるかもしれない

だから番組1回ごとに契約を結ぶなんて、

本業がしっかりしている人の仕事の仕方だなぁと思えた。

 

テレビにしがみつく必要のある人間では到底出来ない契約。

どっちがいいか悪いかという意味ではなく。スタンスの問題です。 

 

まさかインスタをやってるとは思わなかった。

フォローワー数が低いのが悩みだったようです。

次の日さっそく見てみたら、フォロワー数すごい上がってた。

さすがテレビですね。

SNSで拡散されたのもきっと大きい。

 

あとは、ウエンツさんが安定のトークでしたね。

さんまさんの興味のない返事への恐怖

ダチョウ倶楽部の笑いのタイミングの読み間違いへの恐怖

面白かったです。

さんまさんへの恐怖エピソードは何度か聞いているので

面白さが薄れてきてしまっているのは残念です。

 

改めて何度も同じ話をして面白い芸人さんは凄いなーと感心しています。

小さな巨人(4話)

芝署編完結、、と今話の終わりに知らせてもらいましたが。

え、そもそも○○編っていう括りがあったの知らなかった。

 

ドラマ内では結構言ってたのかな?気がつかなかった。

 

 

三笠署長が

香坂が証拠と“勘”で100パーセント黒だと断定する。

(その背後には小野田捜査一課長がいると思っている)

 

ま、、4話でまさか

黒幕の尻尾をつかむとはさすがに思えなかったけど、

料亭に所轄の刑事たちが張り込んでいるシーンは

ちょっとどきどきしました。

 

そこでスムーズに小野田さんが張られている事に気づいたときに

あ~昇太さん(三笠署長)も黒幕なのか~と

ちょっぴり残念でした。

ちょっとしたドラマ内での善良のポジションだったので。

でも、

敵は味方のフリをする

何度も

しつこく

言っていたので、そこはしょうがないかなーと納得。

 

署長の悪い顔もなかなか凄みがあってよかった★

昇太さんは演劇もされていますし、

もちろん高座にも上がって、いろんな人間を演じる落語家さん。

そりゃ上手なわけだ。

 

いいヒトにも、一見良いヒトそうだけど実は悪いヒト。

この2種類が上手そう。

(昇太さんの見た目から主に判断)

悪いヒトだと思ったら実は良いヒト。

こんな役柄観てみたいですね。

 

人事課の三島(芳根ちゃん)は

いかにも善良そうな登場人物。

朝ドラ直後だし、、あまりギャップがあってもしょうがないのかな。

 

毎朝新聞の佐川さん(好井さん)

火花も観ていたので

どうしても山下に見えてしまう。。

そして、私の好きな西野亮廣さんとしゃべりがだぶってしまう。。

もう少し長く映って欲しいなーと思います。

そして、本来ボケの人なんですね。。

ドラマと関係ないところで衝撃を受けました。

素敵な家について思うこと

住んでいる土地には、場所によっては収入のヒエラルヒーがあって

ここからここは土地が安い

ここからここは土地が安い

というのがある

 

んで、土地が高いところを散歩していると

素敵な家がたくさん建っている

個性的な家がたくさん建っている

 

学生時代までは

あーこういう家に住む人はこんな感じで

こういう仕事してて、、と妄想して楽しんでいた。

・・・・実際には住みたくはないんだけども。

(ヒガミではなく)

 

社会人長くやっていると

この妄想だけではなく

あぁ、こういう家に住めるような収入の人間じゃなくて

(実際住まなくても、家を購入できる選択肢を持つ人間かどうか)

なんか、親に申し訳ないなっていうしょんぼりする気持ちが芽生えてきました。

 

学校も通わせてもらったり(世の中に知れてない学校ですけど)

それなりにしてもらったんだけどな。。

 

なんてね。

 

独身女の生きるのに苦しくなる瞬間でした。

 

追伸:

親はきっとそんなことまで期待してないだろう。

しかし、子としては出世できたら親孝行だろうなとちょっぴり思う。

おげんさんといっしょ

NHKの生っぽさのよさがたっぷり味わえてよかった(笑)

 

そんなに動画や静止画に時間をかける必要はなかったと思うけど、

トークが上手くいかなった保険がそれなりに必要だったんだろうなって解釈。

 

ねずみの宮野真守さんがほんとに体が大きくて

ちょっと引いたね(笑)

ねずみとの差がすごいのはもちろん

細野晴臣さんよりも大きくて、、、引いたね★

あと、夜の王のような服装にも。

 

普段のバラエティのように緊張がなくて、

まったり観れて楽しかった。

星野源さんの女装がとっても似合ってました。

細野さんが結婚したいっていうのはちょっぴりわかりますね。

 

・・・・ちょっぴりね?

 

男性もプロの方にちゃんと化粧をしてもらったら

それなりに女性のように美しくなる。

 

そんなことも教えてくれました(番組の趣旨とはまったく違う)

 

隆子は(もちろん全てリハーサル済み)

藤井隆らしくて良かった★

 

「恋」は

以前Zip!で田中さんと対談した時に

(もともとテンポが遅かったのだけれど)

トイレに入っているときに

あ!テンポを早くしたらどうだろう?と思って

早くしたっていうのを聞いてたので

 

今回のVer.はトイレ前の当時の感じなのかな?っと思いました。

 

2回目の放送楽しみにしています。

リバース(1~3話)

藤原竜也さんのさえない演技がすごい、、!!

 

と評価されていたリバースをやっと観れた。

 

ほんとにさえない人間ですごかった!

私の知り合いを思い出したわ。。

 

俳優さんの残念な役って、

あまり消えてないことが多いのだけれど、

かなり消えててほんとに、、驚愕だった。

 

戸田恵梨香さんがパン屋で勤務しているはずなのだが、

まぁまぁ裕福そうな感じで

ちょっと違和感なだけかな!

出生とか生い立ち謎なので、そこはしょうがないか!

パン屋ってあんまり給料良くなさそうなんだけど。

 

玉森裕太さんが不器用な融通の利かない先生役ってぴったりなんだけど、、

演技が不器用なのがぴったり、、だから、、と邪推してしまう。

ファンの方、申し訳ありません。

 

湊かなえミステリー@TBSに外れはないので

今後も楽しみです。

久保みねヒャダこじらせナイト #152

今回も面白かった。

 

特に 

沢尻エリカさんを思い出させる

漫画家の久保さんにとって漫画は

「たいして」

 

・・・面白くて笑いました!

沢尻さんも同じような質問が何回も繰り返したときに

「別に」

って発言されたので(推測)、

 

どんな人間でも、複雑すぎて、答えようのない質問が来たら

そっけない発言になってしまうんだろうなーと思えました。

 

カルテットは観ていたけど、

満島ひかりさんの毛穴の演技までは意識してなかったから

独特な視点はさすがだな~そういうところまで観てたら

友達とももっと楽しく感想を言い合えたに違いない。

 

いつもこの番組は新しい視点をくれるのでやめられない。

トーキングフルーツ(ゲスト:宮本浩次)

ひさしぶりに宮本さんをテレビで観た。

SONGS以来だと思う。

 

風のうわさでワイドナショーに出てたのは聞いていたが、

きっと、、、、あんな感じだったんだろうな。。という予想はついています★

昔、HEY!HEY!HEY!でもあんな感じだったし。

頭くしゃくしゃしてたの凄いイジられてたなー。

 

トーキングフルーツでは

あわただしい、礼儀正しい、伝えようとする気迫が強い、気遣いの人の

宮本さんがよく出てました。

 

おそらく古館さんはエレカシ

大好きなのだろうと思う。。

いろんな情報も持ってきてたし。(勉強家なだけかもしれないけど)

古館さんのトークが私は好きだ。

 

でも、古館さんのトークの技術が凄すぎて

エレカシが本当に好きなんです!感が薄まっている気がする。

芸達者なのは、本音が見えにくい。

 

こう思ってしまうのは私だけだろうか。

 

ともあれ、宮本さんの弾き語りも聞けて幸せでした。