読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性専用車両

全然乗った事がなかったのだけれど、

今日は普段と違う電車に乗ったので、

思いがけず乗車。

 

電車が遅延していることもあって

かなりの乗車率でしたが、

 

・・・とてもさわやかな空気、、!!

 

というのは、

普段混んでいる電車では

男性が主にたくさんいる車両。

 

いろんな臭いがあるし、それはしょうがないし、そもそもなんとも思ってなかった。

 

でも、今日の空気は空いている電車乗ってる時と同じでびっくり!

ほぼ無臭!すごい!

 

友人が、電車臭い!っていうのがよくわかった日になりました。

本日、逃げるは恥だが役に立つのDVDのPR

会社が終わったら、さっそく新聞を探してみよう。

 

読売、朝日、毎日、日経に広告が載っているとのこと。

でも、、

この広告欲しさに新聞を買うまでは行くかもしれないけど、

果たしてDVD購入まで繋がるのだろうか、、?

 

値段的に。

 

レンタルにならないかな、、?

 

いや、新聞を買うほどの熱量のある人は

多少なりとも物に対しての収集癖がありそうだから

買うのか。。

 

そもそもテレビドラマのDVD買う人って

何度も見返すのだろうか。。?

・・・元が取れるくらい(考え方がセコイ?)

テレビがある生活

ドラマを見ない週はない。

バラエティも見ない週はない。

 

テレビがない日常なんて考えられない。

 

でもテレビを観ない人は確実に世の中にいる。

 

テレビを観なければ

活字に触れる時間が増えるのに。。

テレビを観なければ

寝る時間が増えるのに。。

 

と、たまに思うことがあります。

昔はテレビを観ていなかったら、学校のクラスメイトの話題に入れない、、

ということもありましたが、

今はリアルタイムでも観なくて大丈夫だし、

なんなら観ていなくても、そもそもそんなにテレビの話題だけじゃないな、、と思います。

 

テレビじゃない動画から生まれるスターもいるくらいだし。

 

じゃあなんでテレビをやめられないのだろう。

 

テレビではテレビならではの面白さがまだ残っているから。

規制が多い中、

なんやかんや、そういうことをくぐりぬけた面白さがある。

その面白さをリアルタイムで体感したいからではないか、、と。

リアルタイムの方がインパクトが強くてしばらく覚えていられるし。

 

あとあとになって視聴しても、覚えていないことが多いので。

手間隙かけないと記憶ってすぐに消えていってしまう。

 

まーそんなに覚えておきたいことがテレビにあるのか?

と改めて言われてしまうと

そんなにない、けど確かにあるとしか言えない。

 

とはいえ、際限なくテレビを観続けてしまう可能性が高いので

ちょっとずつ減らしていこうと思います。

人の言うことにあまり惑わされないで

むかしむかし

 

髪は長いほうが似合うよ

髪は短いほうが似合ってる

 

髪は結んだほうがいい

髪はそのままがいい

 

化粧は濃いほうが似合ってる

化粧は薄いほうがいい

 

真面目だね

天真爛漫だね

 

他人は何の気なしに自分を批評してくる

そしてその意見は責任感を伴わなず、

覚えてもいない。

 

そのような意見は時には呪いとして長く、ながくつきまとってくる。

自分に不都合ならいますぐ変えてしまって構わない。

 でも自分で責任は負う覚悟で。

ねほりんぱほりん最終回

近年、攻めている番組といえばこの番組でした。

 

最近は再放送が多かったのですが、

さすがに終わってしまって悲しい。ロス。ねほりんぱほりんロス。

もぐらのMC(山里亮太さんとYOUさん)の絶妙なツッコミと合いの手。

 

ぶたに扮したいろいろ問題を抱えた人々(もはや問題でもなく、日常ともいえる)

ぶたさんたちはその問題に行き着くまでには人生いろいろあったり、

突然であったりさまざま。

 

最終回はいろんなぶたさん達が出てきたので

観ていて本当にぐったりしました(笑)

 

次は今年の秋に放送するらしいけれども、

ひとりひとりが重すぎるので

出演オファーが大変だろうから、そもそも間に合うのか心配です★

 

でも心よりお待ち申し上げます!

東京タラレバ娘(10話)

そうですよね。

どう考えてもそういう終わりになりますよね。

 

倫子はKEYへの思いに気づき、

早坂さんと倫子は別れて、

倫子がKEYへ告白して終わる、、と。

 

KEYの最後の笑顔がいい

KEYの涙に右往左往した

 

いやいやいや。

 

俄然、日本女性(特に30歳以降)は

早坂さん一択でしょ!

 

・・・・安定や、すぐに結婚!にこだわらなくても

幸せは人それぞれのかたちであるよっていう終わり方なんですよね。

 

周りからの価値観を押し付けられていた

三十路の結婚への呪いがひとつ解けた。

 

ま!タラレバ娘たちは

 数週間後にも「結婚したい!!」と言ってそうな気もするのですが。。

WBC(準決勝)とカルテット(10話)

WBC残念でした。。

リアルタイムでは観れなかったのも残念。

ネットで成り行きは見ていたのですが。。

 

ちょっとショックが大きくて、力が出ません

 

野球中継をちゃんと腰を据えて観たのは

数年ぶり。

 

勝った負けたで

いちいちあわあわするのが体力的にしんどいので、

日本が強いスポーツしか観ないようにしている。。

にわかファンとして観る。

 

野球は強いほうだし、WBCはまぁまぁ観ていたから

今回も観たのだけれど・・・。

しんどいですね。

 

カルテット最終回

まぁ、、そういう終わり方だよね!(笑)

納得です。

 

先週、有朱ちゃんノクターンを去っていったときに

最終回は必ず、彼女らしく再登場すると確信していたので、

最高な再登場の方法で

本当に最高な行動でした!

 

「人生 チョロかった!!」

 

内容には全く関係ないですが、

家森さんがホールでヴィオラ弾いている姿は

本当にかっこよかったなー。必見です!

 

カルテットに出会えて良かった。

いろんなしあわせのかたちがあっていいんだって思えました。