私の中の芸人・山里亮太さん(40)

去年の6月、

とあるトークイベントを観に行ったとき

いろんなテレビ関係者の方々がいて、

ミーハー心に、うわ~あの人がいる、、!!え!あの人も!!

と、テンション上がっていたあの日。

 

開場待ちで、並んでいたとき、

同じく並んで待っている目の前の人が、テレビで観る、ラジオで聞く

山里さんでした。

 

テレビでは聞いていたけど、

本当に赤いメガネしていなくて、なんか高そうな(オシャレな)Tシャツ着ていて、

びっくりして。

テレビ関係(芸人さん周辺の人)の人にちゃんと挨拶されていて、

ちゃんとした大人なんだなと感激して。

 

できれば握手してほしかった。

 

というのも、

恥ずかしくて勇気が出なかったのが一番の理由。

もうひとつは屈折した自分が理由。

 

声をかけようと決心してちゃんと前を向いたとき、

山里さんの前にコンサバで美人の女性たちが並んでいるのが目に入った。

 

「あ、、私に握手してもらうよりも、こういう美人の人に握手したいよな」

 

と、私のメンタルが屈折しているせいで

声をかける絶好の機会を逃した。

あと、並んでいるという逃れられない時に握手求められても嫌がられるかな。

とも思ったんだけど、

私のメンタルがまずボキッと折れてからのあとづけ理由。

 

今思い出しても、せめて山里さんに握手嫌がられても

一言、小さい声で話しかけておきたかったなーと悔やまれる。

 

イベントが終了して、会場をあとにするときも

ちらっと視界に入ったのだけれど、お仕事関連の用事があるようだったので

ここでも、声かけられず。

 

こういうときに行動できるか出来ないかって、

人生に暗い影を落としますね。

 

次、もし会えた時、、声かけたい!!と意気込む1年を過ごしておりましたが

いっこうに出会えません、気配もありません(そりゃそうだ)

 

山里亮太さん、ファンです!

山里さんのTBSの深夜ラジオは、内容がちょっと苦手で聞けないんですけれども、

応援しています!

面白くて好きです!

語彙力はんぱないです!

握手して下さい!

嫌じゃなければ写真と一緒に撮ってください!

 

いつか、言えるときが来たら、は、もうないと思うけど

もしも、奇跡的に会えたら叫ぼうと思います(実際は叫んでいる気持ちで小声の予想)

過保護のカホコ 最終回 #過保護のカホコころころころりん

楽しかったドラマでした。

最初の方は

めっちゃ家族仲が良くて、ウザイ、、とも見えるようなホームドラマでしたが。

 

途中からは自立しようとしている主人公の加穂子(カホコ)の

母の実家の

従姉妹・糸ちゃんが楽器が使えなくなって、グレて不良になったり

叔母・環が実は万引きしがちで、その夫・衛はアルコール依存症気味

祖母・初代の容態がかなり悪かったり

父の実家の

叔母・教子はいろんな事業に手を出しては失敗したり

祖父・祖母もあてにならない

 

いろんな問題に突っ込みまくり、

体当たりで解決しようとするカホコは

眩しく見えていました。

 

以前にも書きましたが、

私自身はわりと過保護に育てられたという認識はあるほうでしたが、

ドラマを観ると、

あんなに過度に、守られてる(自分の意思を無視される)のを観ると

笑えたし、グサッと刺されている気持ちになりました。

 

まわりの過保護されてた友達は

観ていて、しんどくなる部分が多かったそうです。

というのは、

カホコの母・泉がいろいろ口出したりするのを見ると

自分がされてきたことを思い出してきてツライということでした。

しかも、カホコのように

自分の意思を伝える行為がそもそも困難だったようで。

 

カホコの場合はそもそも親の(というか母)意見に疑問すら持たなかったわけですが、

初くんと出会って、自分の生き方に疑問を持つようになって、

自分の意思で生きたいと思うようになってから、

泉に意見をぶつけるようになったわけで。

(一応、毎回意見を言うときはお伺いは立てている)

意見をぶつけるということにそんなに壁はなかったんですよね。

 

それを考えると過保護友達はほんと、

つらいだろうなと想像は出来ます。

 

大事な親だけど距離をおかないと上手く行かない親子関係。

まぁ、、いろんな家族がいますよね。

どんな家族だってイビツなもんだって思うことにしています。

比べられないし、比べたところで価値観が違うから良いのか悪いのかわからないし。

 

血がつながってたって、つながらなくたって

結局

同床異夢です。

みんなちがってみんないい的な(拝借しました)

おんなじ考えの人間はひとりとしていないです。

 

とりあえず、過保護友達にはよりそって、

逃げないように関係を続けようと思います。

おんな城主 直虎(第35回「蘇えりし者たち」第36回「井伊家最後の日」)

「蘇えりし者たち」

 

龍雲丸に薬湯を口移しをして、

口移しをしたのは、南渓和尚の仕業だと、龍雲丸に直虎が嘘をついたり。

隠し里にいる皆の政次のモノマネは本当に似ていて可笑しかったり!

 

ここ最近で一番笑ったように思う。

ここ何週はつらいものが多かったから。

それにしても、

みんなそれぞれモノマネのクオリティーがかなり高くて、

つまりよく人を見ているってことだから、俳優さんってすごいんだなーと実感。

 

 

鈴木重時の息子が家督をついで龍潭寺に訪ねてきた。

重時が戦で死んだのだ。

息子の重好が歌うようなお経のことを生前聞かされていたので、

お経を直虎にあげてもらうようお願いしたが、一度は断った。

 

近藤も大怪我を負い、直虎は治療を一度は拒んだものの、結果受け入れた。

 

戦国の勝ち、負けというのはいったいどういうものなのか、

シビアに見せてくれる回だったと思う。

 

そして、自分だけがいつも生き残ってしまうという

龍雲丸と直虎が急接近する回だとも。

 

 

「井伊家最後の日」

 

直虎は井伊家の再興が難しいと思っている最中、

 

常慶からは虎松を松下の養子への願い出があり

近藤からは直虎のしてくれた看病に感謝し、中野、奥山、新野を召抱えてもいいと提案がある。

 

どの話も井伊家としては再興がなくなってしまうことを意味し、

しかし、実際に再興するとなると、また戦になり、悲劇を生むことになり、

井伊家のために生きてきた、誰かのために生きてきた直虎にとって

悩ましいことだった。

 

龍雲丸に好きな道をとればいいと言われても、

人の役にたつ道を生きてきたので、

好きな道を選んだことのない直虎にとって難しいことでもあった。

 

いきさつを知った南渓は

自分が次郎にもさせたし、なりゆきで城主にもさせたのだが、

姪っ子でもある直虎を無理させたくないという矛盾を抱えていた。

そして、再興をあきらめていいと直虎に諭し、そして直虎は再興を泣く泣くあきらめました。

 

直虎の父や直親、そして政次の思いを受け継いできた想いもあり、

そんな直虎が再興をあきらめたというのは、涙がでます。

南渓も苦渋の決断でした。

 

再興をあきらめたことを知った、家臣の直之はもちろん、、憤慨しました。

おなごの殿に一生仕えるつもりだったから。

まぁ、、こういう怒りをぶつけられるほど、直虎と之の字は信頼しあっていたとも言えるのだけれど(ドラマ的ではある)

感情を露にするのは矢本くん(中身の人)、、上手だな!好きな役者さんだ!

今後の期待値が上がるぜ。

 

そして、、虎松も泣き叫んで猛反対。

直虎が説得できなかったため

南渓は最後まで残って虎松を説得していましたが、、どうも、、変な説得の仕方。

(直虎はもう殿ではない、だから、殿に従う道理がないと言っていた。つまり、、虎松は一時でも松下のものになって、後に井伊家を再興する方法があるということかな?)

 

最後に、

龍雲丸と直虎はいっしょになることを決意。

直虎は還俗して、農婦になることを選んだのだった。

急にスイーツモードになったので、こちらのメンタルが追いつかなかったです!

 

そのとき、おどおどしながら龍雲丸の好意に対して的外れなことを言い続ける直虎。

 

・・・鑑賞していた私からみえた景色は、、

直虎としては自分は龍雲丸が好きだけれども、

龍雲丸が自分を好いているかはわからない。

今、自分の事を好きだと言われているようにも感じるが、自信がない。

という感じだった。

 

ブコメですねー。一時の幸せごちそうさまでした!

 

天に召された政次はどう見ていたのだろうか、と妄想しました。

「おい、なんで龍雲丸にはそんな素直で、さらっとキスしちゃうんだよ。龍雲丸め!」

というコメディモード。

「ここまでよくやった。おとわ。もうこれからはお前の好きにすればいい。お前が生きていれば、俺はそれでいいのだから」

という神モード。

 

・・・神モードに一票。

すっかり、星野源が好きになっちゃってる件 [アルバム:Stranger]

友人に星野源のアルバムを借り、聞き込む日々。

 

まだちゃんとひとつひとつ体に染み込んでないけど、

今好きな曲は、、

 

「夢の外へ」

自分ひとりの世界を空想しがちで、その他大勢の世界が嫌いな人へ。

私はその空想と現実の真ん中を行く。

あなたはどうする?

その空想世界を現実世界で作ったら、この世(現実)がいいものになるんじゃない?

 

という解釈しました。

空想世界で生きがちな自分に刺さるものです。

現実もいいのかも?と希望を少し持ちました。

 

「化物」

客席から多くの拍手をもらっている、

成功している舞台人でも

家に帰れば、

一人お風呂で孤独を感じたり、

消化しきれない思いをぶちまけてしまいそうになる。

でも、いつか舞台上でなりたい自分に化けられる気がする。

だから今は

何度でも舞台に上がれる。

 

という解釈しました。

某グループを夢中で追いかけていたとき、

その一人が、コンサートを終えて一人家に帰って

洗濯をするときに(風呂掃除だったかな)

本当にさっきまで自分はコンサートをしていたんだろうか、、?

というギャップが凄い。

という話を思い出します。(この曲のメインメッセージとはちょっと違います)

舞台というのはお客さんからの反応を直で見られる絶好の場所。

罵声も無関心も歓声も体に受けられる場所。

だから、私生活とのギャップが凄いんだろうなーと思いました。

 

舞台人の俳優さんにとってはどんなに歓声を受けても

決して満たされない場所ではあるんだけど、何度でも立つ場所なんだろうな。

そこでしか満たされない何かがあるから。

 

 「知らない」

大切な人が自分から離れていった。

夜になっても大切な人との大切な何かがまだ見える。

絶望的だけど朝はやってくる。

決定的な別れの言葉は、今はまだ受け入れられないけれど、

いつか受け入れられるときを信じている。

 

という解釈しました。

この曲は以前にアルバムを借りる前に

おすすめだから!と友人にシングル曲を借りていた(いつも借りてばかり)

題名を見たときは、、お?もしや、、と、好きな曲の予感はしていた。

次に曲をさらーと聴いたときは、あ、好きな曲だ。と確信していた。

改めて歌詞も見たらやはり好きだった。

(結果、大好きな曲ということ)

 

失恋の曲が好物のため、(この曲は恋愛とは限らないけど、、別れという意味で)

私のセンサーに引っかかったのだと思う。

物静かで、つらくて、でも前向きでというこの曲は

私のカラオケのナンバーに確実に入ってくると思う(上から目線)

それに歌っていて、気持ちがいいと思う。

ほどよく大きな声が出せるし。

 

問題は、知っている人がその場にいるのかどうか、

知らなくても受け入れてくれる曲(キレイだけど暗い歌曲調)かどうかということだけ。

身近な人が死ぬということ

親族のその人とは、小さな頃から親密な交流があって、

成人してからもお世話になっていた。

 

しかし、ここ数年は会っておらず、

そしてその人は亡くなった。

 

最近は会っていないせいか、

その一報をもらっても、実感がわかない。

まだどこかにいるようだ。

 

悲しい、といえば悲しい。

なにか、大切なものを失ったような喪失感、といえば喪失感。

現実感がまだないだけなのだろうか。

 

なんか、

その人の世話をしてきた人よりも悲しんだり、泣いたりしてもいいものなのだろうか。

モヤモヤしていたり。

もちろん、偽善だけと、

生きていたその人に、なにかしてやれたことはなかったのだろうか、とか思ったり。

 

 

その人とは別の人で

もっと前になくなった親族がいる。

簡単に言えば、この人とは仲が悪く、、

会えなくなったところで、なにも不自由はないと思っていた。

それが10年以上経ってから、認識が変わっている事に気づいた。

 

会わないことで(会えないことで)、負の感情が風化したともいえるのだけれど、

もうちょっと生きてて欲しかったなぁと思えた。

実際、生き続けていたらそう思えたかと問われれば、

自信はない。

ただ、もしかしたら、当時よりもゆるせた、、かもしれない程度だ。

 

 

このたび、身近なその人が亡くなって

自分の感情はとりあえず、そのままにしておいて。

だれかにぶつけることなく、胸のうちに秘めておいて。

感情がなんとなく複雑の時は、ぶつけられた人も対応に困ってしまうと思うし。

 

まずは

その人が亡くなったことで苦しんでいる人がいたら、そばにいようと思う。

おんな城主直虎 (第34回 隠し港の龍雲丸)

直虎がまさか正気を失うとは思ってもいませんでした。

彼女にとっての政次がどれだけ大きなものかをあらわしています。。

 

南渓がそばにいて&政次が生きている前提で付き合ってくれてよかった。

ナイス龍雲丸のアドバイス

隠し里にいったところで、、

この姿はのちのち直虎にとってやさしくするだけっていうのも

良くなかったかもしれないし。

 

井伊谷三人衆の鈴木が辞世の句を持ってこなかったら(荒療治)

もっと正気を失ったままだったのかも。

・・・それはそれで幸せだったんだろうけどね。

 

 

堀川城の惨劇はドラマよりも史実の方が惨いようです。

住民の半数以上が亡くなったよう。

武家が国を治めるということは、

住民を恐怖の下で、素直に従わせるにはこういうもんなんだと

ドラマが教えてくれた。

 

そして、まさかの直虎の夢オチ。

人(政次)を殺したという罪に関連して

龍雲丸を刺し殺すという、、、夢を見ていました。

 

びっくりしたわ。

現実の話かと思いきや、まさかの夢オチなんですもん。

卑怯だわ。

 

政次を思い出させるシーンが多いのも卑怯。

ついつい泣きそうになっちゃったし。

 

 

直虎が朝目覚めて、後姿だけ映ったとき

一瞬、なつかと思った。

私の妄想では、政次が死んだことで悲しみすぎて自害するのかと動揺しちゃった。

ドラマは戦国時代。

武将が死ぬことは当たり前といえば当たり前だし。息子もいるし。

そんなわけなかった。

ちょっと、ではなく

なつにかなり肩入れしすぎている事がよくわかりました。

おんな城主 直虎 第30~33回 ここで言いたいだけ  つづきの終わり

[復活の火]

 

政次が井伊谷の城主となり、

直虎が一人の尼となり、

直虎は政次と相談のうえ、徳川側に書状を送った。

協力する代わりに、井伊家を復活し、家臣に加わるというもの。

家康の隣には母を今川家に嫁がされた小野家が嫌いな瀬名がいた、、

ここはちょっと政次のXdayの伏線あるのかな?と思ったのだけれど特になし。

直虎の政次への城主扱い。政次の直虎への家臣扱い。

幼馴染ゆえの仲良しさ、心許している感が出ていてよかった。

 

政次は、この回でなつに夫婦になる約束をする。

直虎への憧れや恋心、恋を超えた絶対的な信頼関係。

それとは全く異なる安らぎや居心地の良さ、献身的な愛、それを手離したくない、、とをなつに伝えた。

 

ちょっぴりむくれた感じを出していたなつだったが、

そのような義兄の政次を好きだからこそ、受け入れた。

 

大人ってすげぇっす。

ただ愛しているだけじゃなく、いろんな感情を受け入れていく様がすごい。

大人の静かに燃える愛が素敵です。

 

なつさんに対してネットではちょっぴし批判的な声もあったけど、

どーーーーーーーーーーー考えても、政次となつはお似合いです。

器の大きさがなつは大きい。

その大きさが政次を等身大の男に戻してくれるんですね。

 

嬉しかったです。

 

見せかけの城主であることを宣言したとき

政次の家臣が「とうに存じておりましたよ」と笑顔でいってくれたとき

あぁ政次、、報われたなぁと涙。

いい家臣に恵まれていたんだなと。 

 

今川の犬として振舞い、欺いてきた政次。

そうするしか生きるしかすべがなかったから。

自分の家臣にももちろんそうだった。

自分のために働いてくれていたからこそ、

多分、どこかでは申し訳なさとかあったんだと思う。

 

家臣側もそれを知っていて、騙されているふりをして黙っていてくれた。

 

いい家臣だな。政次の人望あってのことだけれど。

 

 

[嫌われ政次の一生]

 

 

前回、書いたので補足程度に。

 

家康演じる阿部サダヲさん

緊迫する井伊谷で直虎と初めて対面したとき

井伊谷三人衆を疑ってはいたが、時間がなくて対応できないことに謝罪の気持ちを表すため、(口では言わなかったけど)

なんであんな体勢の謝り方したんだろうか??!!

笑いを狙っているとしか考えられない。。

そして、もちろん笑いました。

 

なつと政次の心温まるシーンがありました。

なつの膝枕で

昔、先代の当主直親にしてやられた話をしたり、

お祭りの話をしたり、、

政次が自らすすんで処刑されに行く決心をしたあとの行動。

ふたりの最後の思い出を作りたかったんだろうと思う。

政次のためにも、

もしかしたらなつのためにも。

 

牢に入れられた政次と龍雲丸との掛け合いもよかったですね。

もうこのときには本音でぶつかり合える腹心の友、、というべきでしょうか。

龍雲丸は武士ではなけれど、直虎の事を裏切らないと信じられる同僚、、かな。

政次は龍雲丸を直虎任せられる一人だと確信していました。

見ていてつらかった。

信じている人を失うのは龍雲丸だってつらいですよね。

でも、それが本懐なのだとわかったのでなにもしなかった。。

男ですね。

 

政次の磔の刑は本懐なのだと、説得する龍雲丸と納得できない直虎。

直虎にとって政次はもはや

自分の体の一部という改めて象徴する場面ではあったのだけれど

このやりとりは今思えば、視聴者側を納得させるための場面だったのかも。

見ていてつらかった。

 

井伊家当主、城主として、政次をあきらめました。

そして、翌朝、例の行動に出るんですね。

 

 

この一ヶ月の大河ドラマは思い出したらキリがありません。

でも、ここまでは吐き出しておきたかったです。

政次がいない大河ドラマを受け止めるためにも。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

おわり